プロフィール

ター

Author:ター
年齢:2005年5月生
性別:♂
性格:超臆病,甘えん坊

★ターの家族★
名前:まきたろう
年齢:35歳主婦
(小心者・元気・マイペース)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
食べてはいけないモノ!
20051022121433.jpg

  腕のクロスが好き♪

昨日、「食べてはいけないもの」についてのコメントをいただいたので、せっかくだからその理由や与え方なんかも紹介しますね~

基本的にネコは、自分にとって危険なものを察知して避けるらしいのですが、それでも誤って食べちゃうことも多いみたいです。

ターには20歳(人間でいうと100歳くらい?)まで元気に生きてもらいたいので、人間の家族同様、食べ物の管理はしっかりしたいなぁと思っています(^-^)

~超危険!レッドゾーン~

タマネギ
玉ねぎは、猫の血液に対して強い毒性(赤血球を溶かして、ひどい貧血になってしまう)があるそうです。
気をつけたいのが、ハンバーグなどの玉ねぎを使った料理
一緒に料理して玉ねぎだけを除いても、玉ねぎのエキスは摂取されてしまうとのこと。
少量(1週間に2かけら程度)でも、貧血症状が現れることがあるので要注意!!

アワビなど貝類
耳が漆(うるし)にかぶれたように赤く腫れあがるそうです。
放置しておくと皮膚炎を起こし、その部分が黒く変色して欠け落ちてしまうこともあるので、要注意!!

鶏の骨
鶏の骨は、噛むと細長く裂けて、口の中・喉・胃・腸などに刺さったり、粘膜を傷つけたり、腸の中でとどまり腸閉寒を起したりするので非常に危険だそうです。
鯛などの大振りな魚の骨も、同様に危険とのこと。

イカ・タコ・エビ
猫は、イカやタコが大好きみたいですねぇ~
でも、これらは非常に消化が悪く、食べ過ぎると胃腸障害から下痢や便秘をひき起こしちゃうらしいです。
特に生の内臓は、ビタミンB1分解酵素が多く含まれている為、急激なビタミンB1欠乏症になる恐れがあるそうです。

生魚
サナダムシを含んでいる可能性があるので、特に子猫の場合は命に関わることも。
また、チアミンやビタミンB1をこわす「チアミナーゼ」という酵素が含まれていることがあり、チアミン不足になると脳にダメージを与える可能性があるそうです。


~食べ方に気をつけよう!~

アジ、サバなどの青身魚
アジ、サバなどの青身の魚には、不飽和脂肪酸が含まれているので、多量に摂取すると体内で消化しきれず、黄色脂肪症(イエローファット)にかかってしまうそうです。
症状は、お腹がボコボコになって、触ると痛がります。
与える時は、水煮して脂肪分を抜いて

生卵
生卵中のアビジンはビタミンのバランスが崩れやすく、イヌ・ネコの下痢の原因になるそうです。
加熱調理すればOK♪

生の豚肉
豚肉は寄生虫が多く、それによってトキソプラズマという伝染病に感染する可能性があるそうです。
よく火を通せばOK!

~長期間or大量摂取すると危険!~

ドッグフード
猫は犬に比べて約5倍のタンパク質、より多くのビタミン類や脂肪などを必要とするそうです。
長期間ドッグフードを与えられていると、心臓病、奇形の子供、タウリン不足による失明などのおそれが出てきます。

カフェインを含むもの
特にチョコレートは、中枢神経を刺激して、大量に食べると中毒を起こす事があるそうです。

牛乳
牛乳は完全栄養食といわれる程、栄養価も高く優れた飲み物ですが、下痢をひき起こす原因にもなります。

塩分
猫は、人間と違ってあまり汗をかかないので、塩分を体外に排出することが出来ないそうです。
長期間与えていると肝臓障害を起すので、基本的にしょっぱいものはあげない方が無難ですね。

中毒性の高い植物
アイリス、アサガオ、アジサイ、あんず、サフラン、ジャスミン、すずらん、ちどり草、ツツジ、 つるにち草、トリカブト、ベラドンナ、ほおずきの実、りんご、桃、ゆり

スポンサーサイト

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

【2005/10/22 13:33】 | 食事 | トラックバック(2) | コメント(6) |
<<長生きするための食事 | ホーム | 噛み癖を直すプロジェクト!番外編>>
コメント
こんばんは~。
食べちゃいけないもの、沢山あるんですね。
そして、理由は様々・・。
何だか、うっかり食べさせてしまいそうな、ものまでありますよね・・。
やはり、キャットフードが無難ですよね。
他のものは、与えないようにするのが、ベストなんでしょうか??
何となく、お刺身なんて。。ついあげたくなってしまいますが・・。これも×ですね。
本当に、勉強になります。
そして、私の無知さも。。良く分かり・・・(ーー;)
今日も、沢山勉強させていただきました(^o^)丿
まきたろうさん、ありがとう!
【2005/10/22 17:21】 URL | み~ちゃん #0tKUWa.s[ 編集]
みーちゃん、こんばんは!

いえいえ、私も最近知ったことばっかりなんですよ~(実家で10年ネコ飼ってたのに情けない・・・^^;)
でも、「勉強させていただきました」って言ってもらえると、すごく嬉しいし、またがんばっちゃおうかなぁなんて思います♪エヘヘ

キャットフード以外のものかぁ。。。
よし!今日は、「食べてはいけないもの」をテーマにしましたが、明日は「こういう食事がベストだよ」っていう内容にしてみますねー。
みーちゃん、テーマのヒントをありがとう(^▽^)/
【2005/10/22 17:49】 URL | まきたろう #-[ 編集]
こんばんは!
すごいお勉強されてるんですねぇ(^-^)
あらためて確認することが出来ました!
タマネギなんて、人間の血はサラサラになるのに動物にはダメですもんね。
人間に良い物が必ずしも動物にも良いってわけではないんですよね。
植物とか最近は完全室内飼いが増えてるので自然で食べる心配はあまりありませんが
観葉植物など気を付けたいですね。

ココは人間の食べ物に全く興味を示さない子なので私はかなり楽ちんです♪

そうそう、ココの引っ掻き癖はほとんど自然に治りましたよ。ちょっと大げさに痛がったりして
したらダメってことを教えたりはしましたが。

ター君、頭かかえて可愛いですねぇ (≧∀≦) 私も仔ニャン欲しくなっちゃいます~☆
【2005/10/22 21:04】 URL | ハナ #-[ 編集]
ハナさん、こんにちは!

私も初めて知ったことばかりなんですが、人間にとっていいものがネコには毒になるなんて・・・怖いですよねぇ(><)
ココちゃんは人間の食べ物に興味を示さないんですか!(羨ましい♪)
うちは、料理中から食事に至るまで、ずっと興味示しっぱなしで大変です。。。
料理中はさすがに危険なので、仕方なくゲージに入れていますが、全然懲りないですよ;

ココちゃんの引っかき癖は自然に治ったんですか。
そういう子もかなり多いみたいですね!
ターもココちゃんみたいに学習してくれることを祈ります(^^;
【2005/10/24 08:29】 URL | まきたろう #-[ 編集]
まきたろうさん、おはよ~。
うん、ぜひ知りたいです。
食べて良いもの!!キャトフード確かに栄養バランス良いかも知れないけど・・。
何か、他に欲しがった時、これなら、いいよ~ってあげられるものがあれば嬉しいですよね?
自分で、調べれば・・。良いのに最近まきたろうさんに頼りっぱなしです・・(^_^;)
【2005/10/24 08:53】 URL | み~ちゃん #0tKUWa.s[ 編集]
みーちゃん、こんばんは!

うんうん、みーちゃんの気持ちわかります♪
「美味しい」+「栄養のバランスがいい」+「安全」な食べ物を与えたいと思うのは、人間もネコも家族であれば同じですよね~
昨日はネットが繋がらなくて一日お休みしちゃったから、今日はがんばって書くぞー!!
【2005/10/24 21:44】 URL | まきたろう #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nyankosodate.blog31.fc2.com/tb.php/8-7e98f8a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アビジンアビジン (''Avidin'') は、生卵白中に存在する低分子の塩基性糖タンパク質で、サブユニット4個からなる。各サブユニットは、1分子のビオチンと結合する。ビオチンとの関係アビジンのビオチンに対する親和性は非常に高く、ビオチンの腸管からの吸収を阻害するため、 栄養取ってる?【2007/07/27 07:50】
thiamine) はビタミンB1 (vitamin B1) とも呼ばれ、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。サイアミン、アノイリンとも呼ばれる。日本では1910年に鈴木梅太郎がこの物質を米糠から抽出し、1912年にオリザニンと命名したこ 安全な食品【2007/09/30 20:43】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。